INFORMATION

INFO
【掲載情報】雑誌 「@star1」写真&インタビュー

Yohan’s another page [写真&インタビュー]



最高の話題作 tvN「ミスター・サンシャイン」でいつも笑っているが、切ないキャラクターキム・ヒソンで視聴者に涙と、笑いを与えた俳優ピョン・ヨハンが
「@star1」10月号カバーモデルを努めた。キム・ヒソンを象徴するひげを綺麗に剃った姿のピョン・ヨハンはバックブランド「Lipault」と
メガネのブランド「LASH」を着こなし重みとユーモラスがある劇中の編集長キム・ヒソンの姿を表現した。

ピョン・ヨハンは"重みがあるストーリーだったので「ミスターサンシャイン」を選択した。感激しながらも慎重に作品に参加した ヒソンという人物に対し心から
動くものがあり、最初は不安だったけど撮影が終わった今は達成感もありながら少し残念な気持ちです"と「ミスターサンシャイン」の撮影を終え、感想を伝えた。

"キム・ヒソンは本当に格好良い男性だった。心から謝罪すること、愛する人とクールにお別れすること、恥ずかしながら心を込めた謝罪ができること
銃と剣が自身を向いても動揺せず笑っていられること、決断の力を強く感じました。キム・ヒソンという人物をわずか数パーセントでも表現したいという気持ちでした。愉快で面白いセリフをしているが、心の中には傷がある人だったので笑っていても悲しくなったり寂しかったです"とキム・ヒソン役に向けた愛情を明らかにした。

"ドキュメンタリーが好きで自分の姿をたくさん撮ります。自分自身を知りたいからです"とピョン・ヨハンは日常での記録を逃さない本物のキム・ヒソンでした。
ピョン・ヨハンはまた"劇中みたいに実際に編集長になったら私のご両親をインタビューしたいです。親子関係ではなくインタビュアーとインタビューイにご両親の現在を聞き、記録したいです。ご両親と周りの方々にはいつも感謝を表現して生きていきたいです"と伝えた。

9月30日最終回を残している「ミスターサンシャイン」のピョン・ヨハンの話は@star1 10月号でお会いできます。(写真提供 @star1 )